コンポンチュナン州トレア村トレア小学校建設

コンポンチュナン州トレア村トレア小学校建設

弊社、植木力(代表取締役・社会貢献室長)が子供たちに文房具が届いているのかと表敬訪問もかねて、2003年3月カンボジアを訪問致しました。
現地視察では、今にも壊れそうな小屋が教室であったり、トイレのない学校が多数あることを目のあたりにして、「学校建設なんとかしたいですね」と言った言葉が、英語→クメール語(現地語)で「なんとかします!」と誤訳されたことがきっかけとなり、小学校を建設することになりました。
建設資金は、寄付金には頼らず、使用済みトナーカートリッジを回収することで得られる収益を財源にし、2004年に校舎(6教室トイレ付)が完成しました。
2008年にはトレア小学校を訪問して、校舎が大切に使用されていることを確認いたしました。
※尚、使用済みトナーカートリッジの財源は2009年7月をもって終了致しました。

旧校舎	茅葺屋根の仮設教室 六教室、トイレ付の新校舎 児童数は470名2004年10月4日竣工式村の人たちも集まって下さいました。