子どもたちに文房具寄贈(活動は終了しました)

子どもたちに文房具寄贈(活動は終了しました)

カンボジアの子どもたちへの文房具寄贈活動を終了させていただきました

創業時より、全国の皆さまから文房具を回収し、カンボジアの小学校へ寄贈する活動を行ってまいりました。2010年をもって、カンボジアへの社会貢献活動に協力いただいております公益財団法人国際開発救援財団(FIDR)の初等教育支援事業の終了に伴い、文房具寄贈活動を終了させていただきました。
全国の皆さまにはご支援ご協力をいただき、誠に、ありがとうございました。
引き続き、カンボジア国立小児病院給食支援等、子どもたちの笑顔の為に活動をさせていただいておりますので、ご支援ご協力よろしくお願い致します。

トレア小学校 2005.12.21 発送される文房具 クランリウ小学校2007.02

どうしてカンボジアなの?

創業2001年2月のベンチャー企業、文房具などを販売する会社が何故、中古文房具を回収してカンボジアの小学校に寄贈する活動をしているのか。
それは、カンボジアに小学校を作っている女性との偶然の出会いから始まりました。「カンボジアに学校を作ったが、文房具がない。」(植木)「なら、私の会社、文房具も販売していますので、力になれますよ。」きっかけは、何気ない会話からでしたが、それ以来、カンボジアの子どもたちの笑顔のため支援活動を継続しています。

善意の文房具をご紹介

ここでは、全国の皆さまからご提供いただきました文房具をほんの一部ですが、ご紹介させていただきます。
皆さま、本当にありがとうございます。

活動報告

みなさまからお預かりしている文房具の発送、カンボジアへの文房具送付などの寄付財源となっているトナーカートリッジ売上1%の収益などをご報告致します。