【参加募集】ちーたび 7月2日(水)13時 彼方此方(おちこち)歩く仏光寺とその界隈―裂き織り体験で知る着物の今と昔

PDFダウンロード

チラシ、申込書(PDF、538KB)


日時

7月2日(水)13:00〜16:00

ご案内

着物は自然の恵みと多くの人の手を経てカラダをやさしく包み、布として生き、土に還っていく衣服。
家庭内で途切れてしまった伝承を掘り起こしながら、これからの暮らしに合ったキモノ・ライフを広めて、女性・男性・子どもたちにも普段着に気軽に着てほしいという思いを持つ彼方此方屋の代表たかきょうこさんに、仏光寺とその界隈、着物の今と昔についてお話いただきます。

ガイド

たなかきょうこさん
全く無駄のないエコ衣料=着物を普段使いに気楽に楽しめるよう、彼方此方屋を始めて12年目。リサイクル着物、家庭で洗えるオリジナルの国産木綿着物を企画販売するほか、着付け・裂き織り・古布小物手作り教室を運営。
地域では着物のあれこれ相談役として活躍中!

参加費

2,000円(ガイド代・ワークショップ材料費・お茶代・保険代含む)

集合場所

仏光寺 境内
京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397

開催場所
彼方此方屋(おちこちや) 3階

定員

10名 ※定員になり次第締め切ります。お早めにお申込みください。

お申込み・お問合せ

Webお申込みフォーム

京都ちーびず推進担当 e-mail.abc@castanet.co.jp

関連取組


京都ちーびず