代表 植木力について

社長挨拶

私が生まれたのは、1958年(昭和33年)私の家も、まわりの家も貧乏な時代だったと記憶しています。
その後の高度成長、石油ショックなど、物があることで幸せの価値と思う時代が長く続いた、現在も続いていると思います。その様な時代の中、高校生の時に出合った一冊の本。松下幸之助のPHPでした。その日から、教科書は全く読まず、小遣いは全てPHPの新刊本になったのです。
高校生がPHPを読むことで周囲からは変わった高校生に見えていたそうです。本に書かれていたのは「商売は、お金儲けだけでは駄目、社会貢献が必要」松下幸之助の言葉でした。
それから約25年後(2001年)、あの言葉を信じ『社会貢献とともに成長したい』そんな想いで退職型の社内ベンチャー制度に応募し、カスタネットを創業しました。
企業の営利活動と社会貢献活動(非営利活動)は、決して相反するものではなく、むしろ親和性があり車の両輪のようなものである。と本の教えを確信しての行動でした。
東日本大震災以降、ビジネスのあり方が環境や社会問題などと真っ向から取り組み、それを解決しながら事業展開するソーシャル的なビジネスに日本人の意識が大きく変わり始めました。
それは、松下幸之助の予言のように、企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)とはコンプライアンスの徹底でも社会貢献でもなく、本業を通じて社会的課題を解決するソーシャルビジネスが動き始めたと思います。
鍵山秀三郎氏の考え方、生き方に学ぶ塾生になり「大きな努力で小さな成果を・・多くの人は “小さな努力で大きな成果”を求めようとするが、“大きな努力で小さな成果”を得ようとする生き方の方が、確実。。。」と聞かされているのですが、直ぐに成果を求めようとする自分がいることに反省しています。こんな小さな企業が、活動を継続できているのは鍵山秀三郎氏との出会い、社会貢献室の顧問に就任して頂いた、堀田力さんを始めとする多くの方々のご支援の賜物と思っています。
第一版の報告書は、日本中から問合せなどが殺到し、増刷、送料の負担も少なくなく、嬉しい?悲鳴でした。特に日本のCSR界において第一人者である㈱損害保険ジャパン 関 正雄氏(当時 CSR・環境推進室長)が新聞紙面で弊社の報告書を絶賛していただき、日本中に報告書の存在が広がりました。
今回も、外部の力を借りず社内で制作したため、大企業のCSR報告書のような立派なものはできていません。しかし、この報告書もP(Plan=計画)D(Do=実行)C(Check=評価)A(Act=改善)サイクルのように、前回より今回、今回より次回と上がっていけば良いと思っています。
それも、CSR報告書の見栄えではなく、“大きな努力で小さな実りのある成果”を。
そして、長期の目標として、従業員もその家族も取引先も地域の人々も、弊社にみんな自然と吸い寄せるように集まる『マグネットカンパニー』を理想の企業像、それが当たり前の社会になるようにしたいと思っています。
今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます
(『小さな企業のCSR報告書』から)

株式会社カスタネット
代表取締役社長・社会貢献室長
植木 力(うえき ちから)
社長ブログ
一般社団法人京都ソーシャルビジネス・ネットワーク 代表理事

プロフィール

社会企業家 植木 力(うえき ちから)

株式会社カスタネット 代表取締役社長・社会貢献室長
一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク 常務理事
一般社団法人京都ソーシャルビジネス・ネットワーク 代表理事

1958年京都府宮津市(丹後由良)で生まれる。

京都府立峰山高等学校の機械科を卒業
自宅から学校まで片道2時間、2時間に1本の列車に乗り3年間通学。超遠距離通学のため地元からは最初で最後の学生であった。
長い通学時間から松下幸之助の著書に感銘を覚え、小遣いはPHP出版からの新書に変わっていたのである。

戦闘機が好きで、航空自衛隊に入隊。航空実験団飛行隊では、国産初の対艦ミサイルXASM-1の開発プロジェクトなどに従事した。
大日本スクリーン製造(株)では工場の購買、開発管理課長など管理系の仕事に従事する。

社内ベンチャー制度の第一号にて2001年2月3日創業。
文房具を販売する会社が、中古文房具を回収してカンボジアの小学校に寄贈するボランティア活動から生まれた『21世紀型ビジネスモデル』を全国に展開中。
小中学校の総合学習の時間などで“文房具は買わないでをテーマ"に平和の尊さや物の大切さについて講演活動中。
2004年10月カンボジア トレア小学校に校舎寄贈。
平成16年度(2004年)(財)さわやか福祉財団「勤労者ボランティア賞」受賞。
2005年4月ベンチャー企業では日本初の「社会貢献室」を設置し、社会貢献と事業がシンクロナイズする姿を追い求めるため、自ら社会貢献室長に就任。
2007年2月町家を改装し「カスタくんの町家」として、企業関係者や学生、住民らが集う拠点として無料開放。社会企業家町家塾などのイベントも行う。
2008年8月【9月号の月間PHP】に特集掲載され、高校生の時に夢であった「PHP出版社から本を出したい」が、3頁65万部の形は変わっても、夢が達成しました。
2008年12月には、4年間かかった著書原稿が株式会社かんぽうより出版。
『事業の神様に好かれる法17カ条』
鍵山秀三郎((株)イエローハット創業者・現、相談役)の考え方、生き方、精神を後世に伝える「求根塾」の塾生として活動中。
複写ハガキ伝道師。社会企業家伝道師。
2010年8月事務所を移転。それに伴い、「カスタくんの町家」も事務所の隣にある民家に移転し、“ふれあいの居場所”「カスタくんの町家(おうち)」として、バージョンアップし、社会貢献活動を展開。 

書籍一覧

講演について

最近、色々と講演ネタが増えてきました。
講演企画担当の方は、著書を読んで頂き“この部分中心に”と言って頂けたら嬉しいです。
尚、講演料は、2時間10万円(交通費、宿泊費は別途)を基本としておりますが、講演内容などにより個別対応をしております。
不明点などは何なりと弊社、社会貢献室(本社)までご連絡下さい。
TEL: 075-681-9100 
E-MAIL: contact@castanet.co.jp

name 代表 植木力について
filename
body *社長挨拶 &img( /uploads/aboutus/5/ueki_hanataba.jpg , , 230px , 320px ,fr);私が生まれたのは、1958年(昭和33年)私の家も、まわりの家も貧乏な時代だったと記憶しています。 その後の高度成長、石油ショックなど、物があることで幸せの価値と思う時代が長く続いた、現在も続いていると思います。その様な時代の中、高校生の時に出合った一冊の本。松下幸之助のPHPでした。その日から、教科書は全く読まず、小遣いは全てPHPの新刊本になったのです。 高校生がPHPを読むことで周囲からは変わった高校生に見えていたそうです。本に書かれていたのは「商売は、お金儲けだけでは駄目、社会貢献が必要」松下幸之助の言葉でした。 それから約25年後(2001年)、あの言葉を信じ『社会貢献とともに成長したい』そんな想いで退職型の社内ベンチャー制度に応募し、カスタネットを創業しました。 企業の営利活動と社会貢献活動(非営利活動)は、決して相反するものではなく、むしろ親和性があり車の両輪のようなものである。と本の教えを確信しての行動でした。 東日本大震災以降、ビジネスのあり方が環境や社会問題などと真っ向から取り組み、それを解決しながら事業展開するソーシャル的なビジネスに日本人の意識が大きく変わり始めました。 それは、松下幸之助の予言のように、企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)とはコンプライアンスの徹底でも社会貢献でもなく、本業を通じて社会的課題を解決するソーシャルビジネスが動き始めたと思います。 鍵山秀三郎氏の考え方、生き方に学ぶ塾生になり「大きな努力で小さな成果を・・多くの人は “小さな努力で大きな成果”を求めようとするが、“大きな努力で小さな成果”を得ようとする生き方の方が、確実。。。」と聞かされているのですが、直ぐに成果を求めようとする自分がいることに反省しています。こんな小さな企業が、活動を継続できているのは鍵山秀三郎氏との出会い、社会貢献室の顧問に就任して頂いた、堀田力さんを始めとする多くの方々のご支援の賜物と思っています。 第一版の報告書は、日本中から問合せなどが殺到し、増刷、送料の負担も少なくなく、嬉しい?悲鳴でした。特に日本のCSR界において第一人者である㈱損害保険ジャパン 関 正雄氏(当時 CSR・環境推進室長)が新聞紙面で弊社の報告書を絶賛していただき、日本中に報告書の存在が広がりました。 今回も、外部の力を借りず社内で制作したため、大企業のCSR報告書のような立派なものはできていません。しかし、この報告書もP(Plan=計画)D(Do=実行)C(Check=評価)A(Act=改善)サイクルのように、前回より今回、今回より次回と上がっていけば良いと思っています。 それも、CSR報告書の見栄えではなく、“大きな努力で小さな実りのある成果”を。 そして、長期の目標として、従業員もその家族も取引先も地域の人々も、弊社にみんな自然と吸い寄せるように集まる『マグネットカンパニー』を理想の企業像、それが当たり前の社会になるようにしたいと思っています。 今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます (『小さな企業のCSR報告書』から) <p style="text-align:right;">株式会社カスタネット<br /> 代表取締役社長・社会貢献室長<br /> 植木 力(うえき ちから)<br /> [[社長ブログ:http://ueki.biz/]]<br /> 一般社団法人京都ソーシャルビジネス・ネットワーク 代表理事</p> *プロフィール **社会企業家 植木 力(うえき ちから) 株式会社カスタネット 代表取締役社長・社会貢献室長 <a href="http://socialbusiness-net.com/">一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク 常務理事</a> <a href="http://www.kyoto-sbn.com/">一般社団法人京都ソーシャルビジネス・ネットワーク 代表理事</a> -<a href="http://www.ueki.biz">社長ブログ</a> 1958年京都府宮津市(丹後由良)で生まれる。 京都府立峰山高等学校の機械科を卒業 自宅から学校まで片道2時間、2時間に1本の列車に乗り3年間通学。超遠距離通学のため地元からは最初で最後の学生であった。 長い通学時間から松下幸之助の著書に感銘を覚え、小遣いはPHP出版からの新書に変わっていたのである。 戦闘機が好きで、航空自衛隊に入隊。航空実験団飛行隊では、国産初の対艦ミサイルXASM-1の開発プロジェクトなどに従事した。 大日本スクリーン製造(株)では工場の購買、開発管理課長など管理系の仕事に従事する。 社内ベンチャー制度の第一号にて2001年2月3日創業。 文房具を販売する会社が、中古文房具を回収してカンボジアの小学校に寄贈するボランティア活動から生まれた『21世紀型ビジネスモデル』を全国に展開中。 小中学校の総合学習の時間などで“文房具は買わないでをテーマ"に平和の尊さや物の大切さについて講演活動中。 2004年10月カンボジア トレア小学校に校舎寄贈。 平成16年度(2004年)(財)さわやか福祉財団「勤労者ボランティア賞」受賞。 2005年4月ベンチャー企業では日本初の「社会貢献室」を設置し、社会貢献と事業がシンクロナイズする姿を追い求めるため、自ら社会貢献室長に就任。 2007年2月町家を改装し「カスタくんの町家」として、企業関係者や学生、住民らが集う拠点として無料開放。社会企業家町家塾などのイベントも行う。 2008年8月【9月号の月間PHP】に特集掲載され、高校生の時に夢であった「PHP出版社から本を出したい」が、3頁65万部の形は変わっても、夢が達成しました。 2008年12月には、4年間かかった著書原稿が株式会社かんぽうより出版。 『事業の神様に好かれる法17カ条』 鍵山秀三郎((株)イエローハット創業者・現、相談役)の考え方、生き方、精神を後世に伝える「求根塾」の塾生として活動中。 複写ハガキ伝道師。社会企業家伝道師。 2010年8月事務所を移転。それに伴い、「カスタくんの町家」も事務所の隣にある民家に移転し、“ふれあいの居場所”「カスタくんの町家(おうち)」として、バージョンアップし、社会貢献活動を展開。  *書籍一覧 -[[『小さな企業のソーシャルビジネス 京都発ソーシャル行き』:/news/133.html]] -[[『事業の神様に好かれる法17カ条』:/news/134.html]] *講演について 最近、色々と講演ネタが増えてきました。 講演企画担当の方は、著書を読んで頂き“この部分中心に”と言って頂けたら嬉しいです。 尚、講演料は、2時間10万円(交通費、宿泊費は別途)を基本としておりますが、講演内容などにより個別対応をしております。 不明点などは何なりと弊社、社会貢献室(本社)までご連絡下さい。 TEL: 075-681-9100  E-MAIL: <a href="mailto:contact@castanet.co.jp">contact@castanet.co.jp</a>